このたびの炊飯器買い替えのきっかけは保温機能の問題でした。

炊飯後、分単位(笑)でごはんが固くなる・・・。半日も経つと表面がもうカリカリ!

炊いたごはんをお釜の中央に集めお山にして、そこにラップで表面をおおい保護したりしたけどほぼ効果なしの状況でした。

噛めないレベルの硬さのごはんはもう拷問・・・?

そこで美味しく炊けて保温も30時間位可能な炊飯器を探してみました。

色々検討した結果、HITACHIの「圧力スチーム炊き ふっくら御膳〈RZ-YV100M〉」を購入しましたのでレビューしてみます。

スポンサーリンク

HITACHIの「圧力スチーム炊き ふっくら御膳〈RZ-YV100M〉」を購入した理由

このHITACHIの「圧力スチーム炊き ふっくら御膳〈RZ-YV100M〉」にした理由ですが、機能と価格のバランスでした。

はじめに書きますが、今回購入したのは2万円ちょっとの炊飯器です。10万円前後の高級炊飯器を求めている方には参考になりませんと思います。そんな炊飯器で炊いたご飯、一度食べてみたいです~(^^)

今回炊飯器を買い換えようと思ったきっかけ

今回、炊飯器を買い換えようと思ったきっかけは、なんと言っても炊きあがったごはんが保温しているうちに硬くて食べられなくなるということでした。

そんなに長時間保温していなくても硬くなりました。例えば夕ご飯に炊いたごはんが、翌朝すでに食べにくいくらい硬くなってしまうという感じです。

保温機能以外に炊飯器を選ぶときに重要視したのは「圧力炊き」「IH式」

買い換えに際して保温機能以外にこだわったところがあるとすると炊き方です。

今まで我が家で使っていたのは「マイコン式」の炊飯器。価格も安いです。1万円以下で購入できてしまいます。

そこで今回せっかく購入するのだからと色々見てみると、強い火力で炊ける「圧力炊き」「IH式」が結構お手頃価格で買えることがわかりました。価格でいうと2万円前後で購入できます。

主人からは1万円台の価格を希望されていたのですが、「圧力&スチーム」炊きというのが気になってしまい、2万円ちょっとのHITACHIの「圧力スチーム炊き ふっくら御膳〈RZ-YV100M〉」に決めました。

保温は24時間です。40時間可能なものは上位機種になってしまうのであきらめました。

HITACHIの「圧力スチーム炊き ふっくら御膳〈RZ-YV100M〉」購入

例によってネットで最安値を調べ、今回は「本店 ディーライズ」というネットショップで購入しました。

このショップは平日のみ発送、クレジットカードが使えません。注文のタイミングにより、金曜日の夕方注文だと翌週銀行振込してからショップ確認後発送となるので、品物の到着が早くても火曜日になります。

それを考えるとクレジットカードが使え、土日関係なく発送してくれるショップもあるAmazonや楽天は早急に品物が欲しい人には有り難いと思います。

今回は少しでも価格が安いところで購入しようと思ったので「本店 ディーライズ」で23000円で購入しました。(ほかに銀行振込料がかかります)

ちなみにAmazonは送料無料で24900円でした。(いずれも8月3日現在)

説明書は詳しいものと簡単ガイドみたいなものが入っていました。

 

箱から炊飯器を取り出し蓋を開けてみたところです。計量カップとおしゃもじとしゃもじ立てはこんなふうにお釜の中に入っていました。

おしゃもじ立ては本体の横、左右どちらでもつけられます。(このおしゃもじ、ご飯がくっつかないタイプではありませんでした・・・)

HITACHIの「圧力スチーム炊き ふっくら御膳〈RZ-YV100M〉」特徴、使い心地など

老眼の私が前の炊飯器で困ったのが、液晶表示が小さくて薄かったのですごく見えにくかったことです。予約の時刻合わせなど見にくくてイライラしていました(笑)

今回購入した炊飯器はまずまずの表示の大きさと見やすさです。

 

給水レスオートスチーマーという機能があります。炊飯時には蒸気がほとんど出ないということです。

給水レスオートスチーマーは、炊飯中の蒸気を蒸留水として回収し、炊飯時・保温時・再加熱時にスチームを出し、ごはんの甘みを引き出し、加湿する機能です。(水を入れる必要はありません)ー取扱説明書34ページより引用ー

確かにご飯を炊いているときの蒸気はずーっとじっと見ていたわけではないのですが、ほとんど感じませんでした。

 

下の写真は給水レスオートスチーマー部分のプレートです。洗うときも簡単にはずれます。プレートについては説明書には下のように書かれていました。

プレートをつけないと圧力が加わらずスチームによる加湿効果も得られなくなります

 

給水レスオートスチーマー部分の「ふた加熱板」の着脱も簡単です。これらプレートとふた加熱板でその機能を発揮します。

 

釜は6年保証でこんな感じです。目盛りは3箇所あり、見やすいです。(写真は一箇所ダブって写してます)

重さは約720グラムで外側は少しザラつきがあります。(特殊製法のため)
なんか美味しいご飯が炊けそうな雰囲気です~(^^)

ご飯を炊いてみて~肝心のご飯のお味はどうだったか

炊飯器が到着する日、朝からお米を研いで待っていました~!もちろん炊飯器が着いたらすぐご飯が炊けるようにです(笑)

着いて一通り写真を撮ったあと、さっそくご飯を炊いてみました。

モードは早炊き機能の「快速」です。これで美味しかったら普通のモードはきっと美味しいに違いない!

3合のお米を予め研いで給水させておきましたが、「快速」で今回炊飯にかかった時間は27分。説明書には目安として20~50分とありました。時間に幅があるのは電圧・室温・水加減・お米の種類などにより変わりますとのことです。

炊飯後ですが、蓋を開けたとき裏蓋に水滴がつかないので、蓋を開けたときの釜のふちの周りに水がたまりません。以前使っていた炊飯器はこの部分に水がたまり、下手すると炊飯器の後ろ側にも水滴が落ちてしまっていたのでこの炊飯器良いですね~。

ごはんのお味ですが、感激しました。(どんだけ硬くて美味しくないご飯を食べていたのかって話ですね)

ご飯だけ噛むと甘く、普通ランクのお米ですが普通に美味しかったです(笑)

感じ方は個人差があり、私は普通のご飯で満足なのであまり参考にならないかもしれませんが・・・^^;

保温機能について許容範囲内だったか

今回の炊飯器買い替え、一番の目的である保温機能ですが保温後のごはんを食べてみました。

まずこの機種は保温時間ここまでという推奨時間が24時間ですが、30時間たってしまったのを食べてみました。(昼に出かけて外食だったため食べきれなく保温されっぱなしのご飯)

一番外側のご飯を食べてみましたが、ガリガリなところはなく(普通はないですね)少し固めだったけど甘みがあって普通に美味しかったです。保温がスチーム保温ということで、それが効いているのでしょうか。

ただ保温時間が長くなると、匂いが少し変化するような気がします。

変な匂いというわけではないですが、炊きたての時とは少し違うような・・・ワタシ的にはほとんど気になりませんが。

やはり炊飯後は早めに(最長でも24時間以内)食べきるか、小分けにして密封後冷凍しておき食べるときに温めて食べるのが美味しいですね。

「圧力スチーム炊き ふっくら御膳」を購入してよかったと思う人はこんな人

  • ご飯は保温して食べるのが基本
  • マイコン炊飯器から圧力やIH炊飯器に買い替えたい
  • ごはんを炊くときの蒸気が出ないとうれしい

こんなふうに思っていた我が家。

家であまり食事をしない20代の娘が昨日もご飯をおかわりしていました(笑)

ごはんを炊くときも食べるときもストレスなく有り難いです。
炊飯器は毎日使う生活には欠かせないもの。それが替わるだけでこんなに気分が変わるんですね!

炊飯器を購入するかどうか、買うとしたらどれにするか色々迷いましたが、今は思い切って買い替えて本当に良かったと思っています。

保温40時間という上位機種はこちらです。

スポンサーリンク
おすすめの記事